看護師免許は看護師に欠かせない資格【転職をするためには】

看護師

看護師になるために必要な資格

看護師として仕事をするためには、看護師免許を取得する必要があります。看護師免許とは、看護師国家試験に合格することで手に入る免許です。看護大学に四年通ったり、看護師学校に三年通ったりするなど一定期間看護の勉強を行った人だけが看護師国家試験を受験できます。つまり看護師になるには、こうした学校に通うか准看護師として経験を積まなければなりません。

看護師の仕事でやりがいを感じる瞬間ランキング

ナース
no.1

難病の患者が快復する

患者ごとに主治医がいるように、患者にはそれぞれ担当の看護師がいます。つまり看護師は、患者が退院するまでずっとその患者の経過を見守るということです。そして、難病でずっと経過を見てきた患者が快復して退院する瞬間が、一番やりがいを感じられ、感動する瞬間です。

no.2

感謝の言葉をかけられる

看護師の仕事は基本的に患者の観察のみで、なにかお世話をすることは仕事には含まれていませんが、患者に対する心配りとして多少の手助けをすることは大切です。そして患者に何かしてあげた時に、患者からお礼の言葉を貰えると、嬉しいですし、やりがいを感じます。

no.3

手術が成功した時

看護師は手術の際に助手として、医師に器具を手渡したり補助をしたりする役目を果たします。すると、目の前で手術が成功する瞬間を見ることができます。その瞬間に立ち会った時、一人の命が救われたこと、そして自分がその救助に関わったことを実感し、達成感となります。

看護師の平均年収

看護師は、平均500万円程度の給料が貰える、なかなか給料の高い仕事です。医者のように有名になったり出世したりする道はないので、医療系の仕事として年収は高くないかもしれませんが、他の仕事と比べると十分高いです。

准看護師と正看護師の違いを比較

大学に行く必要が無い

准看護師になるための資格は、都道府県知事が発行します。そしてその資格を取るためには、大学で勉強する必要がなく、中学卒業さえすれば養成機関に入ることで准看護師になれます。

国家資格が必要

正看護師になるためには、看護師国家試験に合格しなければならないので、准看護師よりハードルが高いです。しかし大学に通わなくても、准看護師として七年間働けば、国家試験を受ける権利が貰えます。

転職の際に気をつけたいこと

看護師の需要はかなり高く、特に東京では看護師が転職先に困ることは少ないです。そのため職場の雰囲気が合わなかったり、もっと高収入を目指せたりすると感じたら、転職活動を行った方が最終的に成功する可能性が高いです。

転職をする上で知っておきたい疑問点

看護師

どのサイトで転職先を探すべき?

転職先を探す時は、複数の求人サイトを利用した方が多くの情報を集めることができます。おすすめは、総合的に様々な職種の求人を集めた大手サイトと、医療系求人のみを取り扱う専門サイトを両方使って情報収集することです。

広告募集中